PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

大手町OLポチャコの日記

登山・マラソン・自転車に去年から夢中になった大手町OLです。登山は月1で友人といっており、ゆっくりと百名山を目指してます。 自転車はCannondaleのロードが私の愛車です。どうぞよろしく〜。
<< BLUE NOTEで久々に♪堪能 | main | カフェバッハで一流の味を堪能。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ほっこり温泉♪@宮ノ下
土曜日のマラソン走行距離:5キロ
消費カロリー: 600キロカロリー

縄文の湯からの絶景風景先週末また温泉に行っちゃいました。
行き先はお決まりの箱根湯本・宮ノ下にある『楽遊壽林自然館』。初めてここに行って以来この温泉の大ファンです。ここは宿泊宿ではなく、日帰り温泉所です。私は基本的に日帰り温泉派です。でも以外と日帰り温泉所って少ないんですよねー。よくあるのが、温泉宿が日中の開いている時間を使ってやる『日帰り温泉セット』なるもの。温泉だけ使わしてくれればいいのに結局余計な『休憩用個室』や『ランチ』がついてきてしまい、お値段もそれなり。かといって宿泊となるとこれまた大金。行きたいと思い立った時に行ってさくっと帰ってくる、そんなお手軽さが私の好みです。

この『楽遊壽林自然館』を大好きな理由は、なんともいえない『やすらぎ』を与えてくれるからです。この『やすらぎ』はこの温泉所のこんなこだわりから生まれてくるのです。

休憩室  100』
どんなに素敵な場所でも混雑していていも洗い状態だったら、とても落ち着きませんよね。ここは1日に受け入れてくれるお客の人数は『100』。これは混雑を避け、滞在するお客さんがゆったりとくつろげる最高人数のようです。この制限がかかっているため、お風呂に入っていて込み合うなんてことはなくくつろいでお風呂に入ることができます。

◆ 惻然』
この宿が最高な理由は自然と一体であること。宮ノ下という渓谷の眺めが最高な場所に位置しているばかりでなく、温泉所は人通りの多い道路からはだいぶ離れた渓谷にあります。そのため車の音等近代的な音が聞こえることはなく聞こえてくるのは木々や風など自然な音のみ。そして風呂や休憩所から見えるのは箱根のすばらしい大自然のみ。
うーん、至福の幸せです。

この宿ではお食事をいただくことができるのですが、どの料理も箱根の自然から取れた森の幸を使っています。箱根の自然を舌で感じることもできるなんて素敵ですよね。

休憩室にはまくらが置いてあり、心地よくお昼寝をすることができます。 『音』
この温泉所に来ると心地よい静寂が迎え入れてくれます。音楽や放送など機械が作る『音』はなく、あるのは『心地よい静寂』のみ。またこの静寂はここを訪れるお客さんの心遣いからも生まれてくるんです。普通休憩所や食事所はどうしてもしゃべり声や子供の騒ぐ声などで騒々しいことが多いですが、ここは信じられないくらい静かなのです。お子さん連れのお客さんをお断りしているのかどうか知りませんが、子供の姿を見ることは殆どなく来るのは、分別のついた大人のみ。ここに来ると皆他への心遣いが自然にできてしまい、休憩所では大きな声でしゃべる人は殆どなく、皆静かに昼寝したり、ボーと外を眺めたりしています。

どうです?
もう最高じゃないですか?

ここにはもうひとつ、最高なものがあるんです。
それは、

ぁ 悒廛薀ぅ戞璽函
ここには2つ家族風呂があります。1時間貸切するができます。これが、もうやばい。私は2つあるうちの『縄文の湯』の大ファンです。私はここに来る時は必ず家族風呂を借りて入ります。この宿では家族風呂の場合だけ飲み物の持込をさせてくれます。私がいつも注文するのは、竹に入った日本酒。これを竹のお猪口でいただきます。とってもよく冷えていて、これを湯の中でいただけるのですからたまりません。。。

富士屋ホテルでの豪華ランチお風呂を堪能した私達はランチを食べるため、『富士屋ホテル』にいきました。ここはいつ来てもよいです。私達はフロントの奥にあるレストランでランチをすることにしました。メニューによっては高くてとても庶民の私達には手が届かない金額なのですが、カレーだと1F にあるレストランと同じ値段なんです。なのでせっかくなので豪華なほうに。ちょうど昼時だったので込んでいたため待つ時間を使ってお茶をすることにしました。




カフェオーチャード窓際にある『カフェ・オーチャード』。ここですっかり落ち着いてしまい、呼ばれたとも気付かずおしゃべりしちゃいました。




富士屋ホテルのレストラン風景レストランの中は天井が高くてとっても素敵です。天井をよーくみると、手書きの絵が書いてあるのが見えます。いやぁほんとに気持よく食事をさせてくれる空間です。



今回は帰りは『ロマンスカー』に乗って帰りました。ロマンスカーに乗ったのはとても久しぶりだったのですが、結構びっくり。最近のやつはかっこいいんですよ。でも時間によってこの手の電車にある車内販売がないので気をつけてください。私は見事チャンスを逃してしまいました。

温泉はやっぱいいですねー。いつきても癒してくれます。
| ランチ@日本橋 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:02 | - | - |









http://pochako.jugem.jp/trackback/79
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
知識ゼロからのジョギング&マラソン入門
知識ゼロからのジョギング&マラソン入門 (JUGEMレビュー »)
小出 義雄
小出監督が書いたマラソン入門書。彼の人柄が出たとても初心者にわかりやすい本です。
SPONSORED LINKS
OTHERS